シルクスカーフ その2

木蓮柄のシルクスカーフ

インディゴの
セットアップワンピースと合わせて

カジュアルな素材に上品さを加えて

フロントだけウエストにインするのも
セットアップならではの着方

スカーフから色を取り入れるコーディネートを

モクレン柄シルクスカーフ

ふっくらとした木蓮の姿に
柔らかい色合いをのせて

大判のシルクのスカーフは
バッグに巻いたり
ベルト代わりにと
使い方もいろいろ
アクセントとして使えるアイテムです

シルクスカーフ その1

れんぎょう柄シルクスカーフ

産地は横浜
スカーフの産地として名高い土地です
港町ゆえの歴史あるものづくりのひとつ

シルクの上品なつやと 肌触りがここちよい一枚

さらりと柄から取入れる春の小物使い

ざっくりとした中白染めのニットと合わせて
上質でカジュアルなコーディネートを

インディゴ千鳥

インディゴ千鳥のワンピース

ベーシックな千鳥柄を
インディゴ糸で表現した
パラスオリジナルの生地

生地の耳を部分使いして
隠れたポイントにしています

カジュアルにも
ちょっとしたフォーマルにも
場面を選ばない
一枚あると重宝するワンピース
糸や色の質感で
どこか崩れた雰囲気が魅力です

 

シャツワンピース

まっさらな気持ちにさせてくれる
白のシャツワンピース

ハリ感のある
シャンとした 気持ちの良い素材
バッサリと着られるアイテムです

ドルマンタイプの袖で
抜け感のある雰囲気が
どこか女性らしさも感じられる
シルエット

内紐でウエストが絞れるタイプの仕様ですが
ベルトでマークするのも新鮮
ボトムにデニムをあわせて
カジュアルにこなす着方もおすすめです

花影柄

インディゴをベースに 抜染で舞い散るドット
まあるい花びらをイメージした 花影柄

花影とは
桜の花びらと その影を あらわす季語

日本語の豊かさに心うたれます

淡色のパンツと合わせて
春の空気を纏った 軽やかなコーディネイトも
おすすめします

コットンパッチカーディガン

ふっくらとした
ほどよい厚みのある 綿のニット
まだ肌寒さが残る中
ウールから綿へと気持ちも切り替わるこの時期

素材と色で季節を表現できる一枚

色の組み合わせや 配色が
絶妙に考えられたバランスです

 

れんぎょう柄

 

〝 春は れんぎょう の 花で はじまる ″
という言葉もある
早春を告げる花

長い冬のすきまから
光の粒がこぼれたような
黄色い小さな花は
春の明るさを象徴する姿です

ぱっと目を引く赤と
肌馴染みの良いグレーの二色

スプリングコートと合わせたり
ワンピースは カーディガンをはおり
ベルトでアクセントをつけるのも
おすすめです

 

ラリエット

藍の花をイメージして
あかい天然石ビーズを使った
ラリエット

白シャツに映える
きりりとした紅色は
シンプルな装いにあわせて
コーディネートのポイントにも

藍の花

テーマの「藍 蒔く」から
藍の小さな花を  描きました

ちらりときいた イエローが
春を感じさせる色使い

アウターやニットのインナーとして
内側から少しのぞかせるような使い方もおすすめ
春の空気を感じられる はじまりの柄です