ショートビーバー

 

先日 東京で 少し早い初雪がふりました

気が付けば十一月もあとわずか

過ぎ行く暦のはやさにおどろく時期です

 

無地のアウターが多い中
チェック柄のコートを提案

だんだんぼんやりと消えていく
パラスらしい柄表現

ショートビーバー仕上げを施し
手触りの良い毛羽が 品のある雰囲気です

帰り椿柄

帰り椿

花影にぽつりと咲く姿

ウールと綿の糸を使い
椿の姿をジャガードで表現
花の部分に起毛をかけているので
ふんわりとした雰囲気

肌にふれる 生地の裏側が
綿になっているので
着易さのある素材です

丈の長いニットとの合わせで
新鮮なバランスのコーディネートに

 

ブラス×天然石ネックレス

アンティークゴールドの
くすんだ色味の中に
透明感のある 天然石を ひとつ

雰囲気の異なる素材をくみあわせた
ネックレス

天然石は 柔らかな色調をもつ
オレゴンサンストーン
ひとつずつ表情が異なるのも
自然の石ならではの魅力です

ものとの出会いも
一期一会

心うごく出会いに
なりますように

水仙柄カットジャガード


水仙柄 カットジャガード

落ち着いた色に さえたイエロー
この色のさし方に
帰り花のテーマを映した
水仙柄

ふたつの色展開で
スカートとストールを仕立てています

この時期にちょうどよい
ほどよい厚みのある
ウール素材
糸をカットして 柄を表現する
カットジャガードは
人の手を含む 多くの工程を要します
腕ききの職人さんの技が光る
一筋縄ではいかない
こだわりのある素材

その技を生かした味のある顔は
このカットジャガードならではの表現

冬の楽しさは着る楽しさ
糸の面白さや
ウール素材の魅力を味わう季節です

 

モールスキンペイズリー柄

毎秋人気のモールスキン
今季はそこに ペイズリー柄をのせました

柄をプリントしてから起毛させる
どこかぼやりとした 深みのある表現

パンツに加え ワンピースも展開

モールスキン独特の
ふかふかとした手ざわりと
プリントの表情が楽しめる素材です

淡水パール×天然石ネックレス

テーマのかえりばなにちなみ
淡い色の淡水パールに
一カ所色をさすように天然石を配したデザイン

ピンクのルビーと ブルーグリーンのカヤナイト

日常にも 晴れの日にも
カジュアルさと 女性らしさを
持ち合わせたネックレスです

ローモンド杢

昨年からご好評頂いている
ローモンドシャギー(画像下段)
同じローモンド糸を使い
コートを仕立てました

今季は2色の糸を撚って杢糸に
甘く ざっくり織りました
細い糸を おさえ にして
甘さとハリの絶妙なバランスが かなめ

そこにワッシャー加工を施し
糸の膨らみ ふんわりとした表情を
引き出しています

シャギーと同じ糸で
これだけ違う顔が出る
糸の面白を感じられる素材

生地のふんわり感を生かし
シルエットも柔らかいライン
ゆるやかな雰囲気を大切にしています

ブレードストール

こころ躍るような 毛糸づかい
ベーシックカラーの地に
色鮮やかなブレードを組み合わせた
目にも楽しいストール

希少な超極細ウール糸で編みたてた
ふんわり やわらかな肌触り

今年は ブレードに合わせた色で
ベースの端にも配色切替えをつけ
一体感をだしています

ゆらゆら揺れるブレードの長さを
あえてアシンメトリーにして
動きのある崩れたバランスにしました

インディゴのワンピースや
ダークトーンの服とのあわせで
お互いが引き立つ
コーディネートに

秋冬の寒さを共にする一枚に
いかがでしょうか

かえりばな タイツ

ひとつ咲く かえりばな

印象をがらりと変えられる
柄タイツ
無地のコーディネートも
足元から華やかに

グレーベースは
赤いスカートと相性よく
合わせられます

アルパカブラッシュド

 

アルパカブラッシュド

毛足の長い 大人のアルパカの糸を起毛

ループ糸を作り

それをさらにカット

三段階を経て ふわりと毛羽立つようにした糸を
使用しています

軽く 暖かく 柔らかな質感

ネオンカラーをピリリと部分使い

ちらりとみえる はっとするような色

カジュアルながら そのふんわりとした空気感は

女性らしさのある着こなしが楽しめます