マンガン染め

梅雨の晴れ間でしょうか
東京は 夏の兆しがすきまからのぞいたような
からりとした天気です

涼やかな空気をまとう 夏の白
マンガン染めの笹百合柄をご紹介します

福岡の久留米絣や 沖縄の琉球絣のように
織で柄をつける「織絣」に対して
プリントで絣の表現を模した「染絣」で笹百合を描きました

マンガン鉱物由来の染料を使ったプリントで
大正時代に量産性のある絣として誕生した技法です

日本独特のプリント技法で
今では新潟で一軒のみ継承されている貴重な技術

マンガンの酸化(黒くなる)と還元(白くなる)の作用をいかし
ふたつの色を展開しました

手作業での染や 熱をつかわないプリント工程は
気温や湿度に左右され
熟練の職人の勘が生きる手仕事

目にも着心地も涼しい 大人の夏の装い
日本の技が生きる特別な素材です

夏水仙

夏水仙

インディゴガーゼのヨコ糸に
ベージュと撚りあわせた杢糸を入れて
飛白(かすり)の雰囲気を出した素材

柄にも線の表現を加え
ベースとなじむように
デザインしています
手で描いた線は
少しずつ細かったり太かったり
ところどころかすれていたり……
均一でない 小さな味わいが魅力です

ベース杢を存分にいかした色と
反転して地を抜染したもの
イメージの異なる2色展開

糸の面白さと軽やかさを
感じられる素材です

ポプリンストライプ

目にも涼しい夏のストライプ

綿麻素材のポプリンは 爽やかな肌触り

硬すぎず柔らかすぎず 程よいハリ感が
ふわりとしたシルエットに際立ちます
ちらりと走るさりげないピンクが
こころくすぐる配色

山ぶどう かごバッグ

夏にもちたい上質なバッグ
山ぶどうのかごバッグをご紹介

産地は中国 福建省でふたりの編み子さんが
ていねいにひとつづつ 作っています
山に自生する山ぶどうの皮を
3mmのひご状にして
連続枡網代という 細かい目で編んだもの
このせまいひご巾を編める職人さんは限られていて
ひと月に編める個数はわずか10個ほど
中国でしかできないクオリティの高いかごバッグです

使用していくと 手の油や水分で
ゆっくりと色が変化し 長く使いこむことで
自分だけの逸品となる
特別で上質なバッグ

ゆったりと使えるほどよい大きさもポイント
収納にも嬉しい
オリジナルの内袋が二つついてきます

石楠花柄

石楠花(しゃくなげ)柄

石の間を好み 南向きに咲くことが
名前の由来になったとも

花の輪郭を線で描き
かすれたような表現にしています
ブルーとピンクの効いた色が
うるさくなりすぎないバランス

初夏に映える大胆な柄で
スカートとワンピースを
仕立てています

飛び白

今季の夏のテーマは

「 飛び白 」

飛白とかいて かすり

ひはくとも

涼やかな白絣のおもむき

藍と白がおりなす 夏のよそおい

 

—-

 

絣の涼やかさ 絣をあたらしく表現した
夏のパラスパレス

手描きのたのしみ


一筆一筆 Tシャツに直接絵付けをする
手描きTシャツ

同じ物がひとつとない 特別な一枚です

その時の気温や湿度にも左右される
職人の勘が活きる まさに手しごと

パラスパレスのものづくりに生きる
手間ひまをおしまないこころのひとつです

シルクスカーフ その2

木蓮柄のシルクスカーフ

インディゴの
セットアップワンピースと合わせて

カジュアルな素材に上品さを加えて

フロントだけウエストにインするのも
セットアップならではの着方

スカーフから色を取り入れるコーディネートを

モクレン柄シルクスカーフ

ふっくらとした木蓮の姿に
柔らかい色合いをのせて

大判のシルクのスカーフは
バッグに巻いたり
ベルト代わりにと
使い方もいろいろ
アクセントとして使えるアイテムです

シルクスカーフ その1

れんぎょう柄シルクスカーフ

産地は横浜
スカーフの産地として名高い土地です
港町ゆえの歴史あるものづくりのひとつ

シルクの上品なつやと 肌触りがここちよい一枚

さらりと柄から取入れる春の小物使い

ざっくりとした中白染めのニットと合わせて
上質でカジュアルなコーディネートを