山葡萄の籠バッグ

 

この夏も パラスパレスに自信作の山葡萄のかごバッグが登場します

東北のかご工房を訪ねたのは8年前のこと

知人を介し職人さんに頼みましたが
材料と職人の確保が難しいこと
工芸品と服との業界のちがいという理由から
良い返事はいただけません
それから何軒も工房をあたるも結果は同じでした

なかば諦めかけていた時に出会ったのが
長野県大町市に工房を構える「山葡萄籠工房」の船生さんです

そのバッグは 緻密で均整な編み つくり手の良さが伝わる美しいものでした

見惚れていると 船生さんから思わぬ言葉がつづきました

「じつはこれは中国でつくっています」と

わたしたちはこれまで日本のものづくりにこだわってきました
それも 長い間思い求めてきたかごバッグです

そこで詳しくお話を聞くと
かご職人の高齢化 技術の簡素化
文化をつなぐにない手不足の背景がみえてきました

船生さんも同じ思いを抱きつづけた末
中国の工房にたどり着いたのです

このかごに込められた思いと誇り高い技術を知り
なにより良いものをつくりたいという姿に
お願いすることを決めました

—–

山葡萄は標高の高い山奥に自生しています

沢皮と呼ばれる
全体の2割しか採れない貴重な水辺の蔓を使いました

つぎに材料作りです
沢皮から「ひご」というひも状に加工します

3ミリの特別に細いひごをつくり
さらになめす手間も入れました
これはどちらも国内ではできない丁寧な仕事で
この細さが極立つよう
連続枡網代(れんぞくますあじろ)
という編み方で仕立てています
今年は杉綾のような斜め網代編みもくわわりました

日々使うなかでふれる手の油分や水分
お手入れの仕方で色つやが変わります

インディゴのように一緒に育つ
自分だけの色になる山葡萄のかごバッグ

どうぞ末ながくおつきあいください

 

春を告げる こぶしの刺繍シャツ

春は すがすがしい白シャツに袖を通したくなる季節です

今季のテーマ「ぬきえもん」は
着物の後ろ衿をおとす「抜き衿」から着想した
シャツの着こなしを楽しむ提案です

そこで辛夷の花を「テープ刺繍」で描き シャツを仕立てました

テープ刺繍は大変手間と時間がかかるもので
まず テープ作りからはじまります
生地をななめに裁断してバイヤステープ状にしていきます

そうすることでほつれにくく曲げやすくなりますが
その反面必然と継ぎ目ができます

それをボビンにひとつひとつ手巻きして刺繍機にセット
これでようやく刺繍工程に入ります

テープを丸めながら模様を描き生地に刺していきます
注意深くゆっくりと 針が外れないように調整したり
テープの途切れるタイミングを計ったりと気が抜けません

継ぎ目を一つ一つ手作業で綺麗に整えたりと
妥協をせず 丁寧にとりくむ職人さんの姿勢がなければ
この表現はかないませんでした

こうして 白色だけでも奥行きのある
パラスパレスのシャツがうまれました

刺繍に さらに洗いさらしの表情もくわわって
こぶしの花が咲いているようです

そこにたくさんの手と手が 思いがつながっていることを
すこしでも感じていただければ幸いです

ネパールの手織りカシミヤストール

ネパールのカトマンズでつくった
素朴な表情が特徴のストール

カシミヤ山羊そのままの色を生かし
手つむぎした糸を
ざっくりと手織りしました

その見た目とはうらはらに
触れるとはっとするほどの心地よさ

テーマの「かける」を表す柄や
フリンジとポンポン
細部にまで味わいある手仕事が光ります

色ちがいでグレーも展開

店舗で配布している
冊子の連載「テシゴトのコト」にて
カシミヤシルクのストールと共に特集しています
ぜひご覧ください

シルクカシミヤのストール

あっというまの 十一月

霜月 の呼び名につられるように
冷たい風が吹く季節になりました

そんな時期の首もとに
おすすめしたい このストール

カシミヤとシルクをかけあわせた
軽さとやわらかな肌触り

もみこむことで ふわりと膨らんだフリンジが
目にもあたたかい雰囲気です

糸は埼玉 染を愛知 織は山梨 仕上げは東京 と
その土地の技をも紡がれてできた
これぞ メイドインジャパン

上質でありながら
カジュアルな味もあるストールです

 

ラムレザージャケット

立秋をむかえ 暦の上では秋
まだまだ暑い日が続きますが
夕暮れの色や 宵の空気に
わずかに秋のはじまりをかんじます

さっと羽織ると 夏から秋の装いに
くっきりと気分がきりかわる
ラムのレザージャケット

ベジタブルタンニンなめしという
化学薬品ではなく植物性由来液剤でなめされた
独特の風合いと 味わい深いゆらぎのある表情

イタリアの上質な革で仕立て
しなやかで 着心地の良さが特徴です

今年は 新しくライトベージュ色を展開
淡い色が大人のコーディネートを際立たせます

前をあけて着ても 閉じてもきれいなシルエット
袖を通さず 肩にかける着方もこなれた雰囲気

こまかなステッチのきかせ方や
ボタンのバランスなど細部にもこだわり
雰囲気よく仕立てました

菊寄せ柄

日本の秋を代表する菊の花

国内で育てられた「古典菊」と呼ばれる
日本原産種に絞り
伊勢菊 肥後菊 嵯峨菊 江戸菊など
花姿や由来のことなる
さまざまな菊を寄せあつめた柄です

落ち着いた中にも
はなやかさのある
どこか 秋のはじまりを感じさせる
色づかい

組紐ベルト

お茶の道具や着物の帯締めに
使われている組紐から
あたらしい装いをご提案

京都の宇治市で組紐一筋に営む
「昇苑くみひも」にて作って頂きました

大和組という 矢羽根模様が特徴の機械で
組み上げたもの
組紐の作り方には手で作る手組と
機械で作る機械組とありますが機械であっても
組む速度や風合いの調整に
熟練の職人の勘は欠かせません
糸の色使いや表情あるバックルなど
細部にもこだわりと味わいのあるベルトです

糸が組み合わさることで
強さと美しさがうまれ
パラスパレスならではの新しい
締めのかたちができあがりました

秋テーマ

盛夏はこれからですが
一足早く 秋かおる装いがはじまります

秋のテーマは「縒る」

糸のよりや よることでみえてくる
面白さをいかしています

—————————

縒る 撚る よる

わたを より 糸へ

糸を より 布へ

よることで うまれる かたち

 

秋の季語 七夕を

古くは星合とよびました

夏と秋が出会う頃

よることから ひきだす

たのしみを

マンガン染め

梅雨の晴れ間でしょうか
東京は 夏の兆しがすきまからのぞいたような
からりとした天気です

涼やかな空気をまとう 夏の白
マンガン染めの笹百合柄をご紹介します

福岡の久留米絣や 沖縄の琉球絣のように
織で柄をつける「織絣」に対して
プリントで絣の表現を模した「染絣」で笹百合を描きました

マンガン鉱物由来の染料を使ったプリントで
大正時代に量産性のある絣として誕生した技法です

日本独特のプリント技法で
今では新潟で一軒のみ継承されている貴重な技術

マンガンの酸化(黒くなる)と還元(白くなる)の作用をいかし
ふたつの色を展開しました

手作業での染や 熱をつかわないプリント工程は
気温や湿度に左右され
熟練の職人の勘が生きる手仕事

目にも着心地も涼しい 大人の夏の装い
日本の技が生きる特別な素材です

夏水仙

夏水仙

インディゴガーゼのヨコ糸に
ベージュと撚りあわせた杢糸を入れて
飛白(かすり)の雰囲気を出した素材

柄にも線の表現を加え
ベースとなじむように
デザインしています
手で描いた線は
少しずつ細かったり太かったり
ところどころかすれていたり……
均一でない 小さな味わいが魅力です

ベース杢を存分にいかした色と
反転して地を抜染したもの
イメージの異なる2色展開

糸の面白さと軽やかさを
感じられる素材です