山葡萄の籠バッグ

 

この夏も パラスパレスに自信作の山葡萄のかごバッグが登場します

東北のかご工房を訪ねたのは8年前のこと

知人を介し職人さんに頼みましたが
材料と職人の確保が難しいこと
工芸品と服との業界のちがいという理由から
良い返事はいただけません
それから何軒も工房をあたるも結果は同じでした

なかば諦めかけていた時に出会ったのが
長野県大町市に工房を構える「山葡萄籠工房」の船生さんです

そのバッグは 緻密で均整な編み つくり手の良さが伝わる美しいものでした

見惚れていると 船生さんから思わぬ言葉がつづきました

「じつはこれは中国でつくっています」と

わたしたちはこれまで日本のものづくりにこだわってきました
それも 長い間思い求めてきたかごバッグです

そこで詳しくお話を聞くと
かご職人の高齢化 技術の簡素化
文化をつなぐにない手不足の背景がみえてきました

船生さんも同じ思いを抱きつづけた末
中国の工房にたどり着いたのです

このかごに込められた思いと誇り高い技術を知り
なにより良いものをつくりたいという姿に
お願いすることを決めました

—–

山葡萄は標高の高い山奥に自生しています

沢皮と呼ばれる
全体の2割しか採れない貴重な水辺の蔓を使いました

つぎに材料作りです
沢皮から「ひご」というひも状に加工します

3ミリの特別に細いひごをつくり
さらになめす手間も入れました
これはどちらも国内ではできない丁寧な仕事で
この細さが極立つよう
連続枡網代(れんぞくますあじろ)
という編み方で仕立てています
今年は杉綾のような斜め網代編みもくわわりました

日々使うなかでふれる手の油分や水分
お手入れの仕方で色つやが変わります

インディゴのように一緒に育つ
自分だけの色になる山葡萄のかごバッグ

どうぞ末ながくおつきあいください

 

春を告げる こぶしの刺繍シャツ

春は すがすがしい白シャツに袖を通したくなる季節です

今季のテーマ「ぬきえもん」は
着物の後ろ衿をおとす「抜き衿」から着想した
シャツの着こなしを楽しむ提案です

そこで辛夷の花を「テープ刺繍」で描き シャツを仕立てました

テープ刺繍は大変手間と時間がかかるもので
まず テープ作りからはじまります
生地をななめに裁断してバイヤステープ状にしていきます

そうすることでほつれにくく曲げやすくなりますが
その反面必然と継ぎ目ができます

それをボビンにひとつひとつ手巻きして刺繍機にセット
これでようやく刺繍工程に入ります

テープを丸めながら模様を描き生地に刺していきます
注意深くゆっくりと 針が外れないように調整したり
テープの途切れるタイミングを計ったりと気が抜けません

継ぎ目を一つ一つ手作業で綺麗に整えたりと
妥協をせず 丁寧にとりくむ職人さんの姿勢がなければ
この表現はかないませんでした

こうして 白色だけでも奥行きのある
パラスパレスのシャツがうまれました

刺繍に さらに洗いさらしの表情もくわわって
こぶしの花が咲いているようです

そこにたくさんの手と手が 思いがつながっていることを
すこしでも感じていただければ幸いです