先染めリネン

桜もいつしか葉桜に変わり
急ぎ足で去っていく春に
後ろ髪をひかれるこの頃

東京は今日 22度まで気温が上がり
もう初夏の陽気です

いま時期にちょうど良い
リネンの先染チュニック
ほどよい生地感がありつつ
清涼感もある素材
先染めならではの表情も特徴です

先染とは
生地状で染色するのではなく
糸の状態から染める方法

糸から染めることで
織り上げたときに
麻糸の一本一本のムラ感が
より浮きでて見えるように
作りました

3set ピアス

さくら に続いて 菜の花

今日 会社の前の植え込みに
つくしんぼをみつけました

草花たちが
伸びやかな季節を楽しむように
いきいきとしています

新緑のような明るいグリーンが
心地よい ピアス
シルバーのプレートに
絹と麻の紐を使いました

気分によって
自由に組み合わせが出来る
3個セットです

 

春色リネンボーダー

春らしい色を使った
リネンボーダー

多色使いなのに
子供っぽくならず
おとなびた雰囲気なのは

たて糸に生成
よこ糸に色糸をいれているので
ほんわり 霞がかかったような
落ち着いた表情だからこそ

後ろ身は 生地を
ストライプに使っていて
前後どちらでも着られるデザインです

さくら さくら

今年も咲きました

会社ちかくの遊歩道にて
風に乗って
甘い香りが漂っています

富士山柄

富士山柄

日本を代表する山
「富士山」を モチーフにした柄

リボンの先に 小富士山が2つ
揺れています
裏地は樹海をイメージした
深いグリーン

一枚の中に 富士愛が詰め込まれた
ワンピースです

ミモザ

ミモザの季節になりました

たわわに揺れる枝先から 
ほのかに香る さわやかな春のにおい

澄んだイエローに 葉の柔らかなグリーン
いつか パラスの服にも登場させたい
大好きな春の花です

春色ロングネックレス

柔らかな色使いのロングネックレス

そのまま一重でつけても
二重にしたり 手首に巻いても素敵です

シェルビーズを
ヴィンテージスパンコールで挟んだ仕様
このスパンコール 元は
フランスのオートクチュールドレスに
使われていたものです
ヴィンテージならではの
優しい色や いびつな形が魅力の素材

どんなドレスに付いていて
どんな人の人生に寄り添っていたものだろう
考えると想像が膨らみます

のどか柄

ひさかたの 光のどけき 春の日に
しつこころなく はなのちるらむ

好きな和歌です
短い言葉の中に
ゆるやかな 時間の流れが
みえるよう

柄も 色や雰囲気から 言葉がなくとも
何かが伝われば良いなと 思います

柔らかな 春の日の光を
描いた のどか柄

リボンが附属で付いていて
アクセントで首に巻いたり
旅行バッグに目印で付けたりと
自由自在

のどかな春は もうそこまで

綿麻ストライプ シャツコート

爽やかな空気を運んでくれる
ストライプのシャツコート

タテ糸 オフ白×ネイビー のラインに
ヨコ糸に 麻生成 を打込むことで
ストライプに ほどよく優しさを加え
柔らかく 深みのある色合いに仕上げています

パリッとした 気持ちのいいシャツコート
ウエストのベルトを締めて
格好良くも着こなせそうです

ハリ感があるので
ラインがきれいに出る素材
冬から春へ 素材感の変化も
感じて頂けたらと思います

おいり二連ネックレス

今季のテーマ
「おいり」をモチーフにした
軽くて 優しい
春の気分にぴったりのネックレス

紐でノットをつくり
コロコロ 見た目にも楽しい
デザインにしました

銀色に光るのは ヴィンテージのガラスビーズ
スフレ という 型を使った吹きガラスの技法で
100年程前にフランスで作られたものです

通常のビーズより割れやすい物ではありますが
その反面 繊細さと軽さが特徴

古いものならではの持つ空気感
手仕事のいびつな形がつくりだす
雰囲気をお楽しみください