赤い実

 

ハナミズキの 赤い実

みちくさちぐさ

ウールカットジャガード
みちくさちぐさ柄
ジャガードの渡った糸をカットして
模様を表現する技法
色の切り替え部分の見え方が
独特で 企画する中でも
毎年新しい発見を貰えます

千草はいろいろな種類の草という意味
道端の千草をながめつつ
みちくさくいながら のんびり散歩をする
そんなイメージの柄です

横ケーブルニット

ざっくりとした素朴な表情の
横ケーブルニット
裾に編模様を活かした
面白い仕様です
ケーブルニットの柔らかい雰囲気のなかに
細部の配色糸が
ちらりときいています

ニットが恋しくなる季節になりました
冬支度の はじまりです

パネルブロックダッフルコート

大きなブロックが印象的な
メルトンのダッフルコート

糸の交差 重なりで
深みのある オリジナルの生地に
遊び心のある仕様
大人に似合う 楽しいコートです
ランダムなブロック模様が
リズムのある見え方

暗くなりがちな 冬のコートですが
ぱっと 明るい気持ちになれそうな
寒くなるのが待ち遠しい
そんな一着です

8連コードネックレス

暑さも落ち着き
おでかけに気持ちの良い季節となりました
街に出ると ちらほらと
ブーツを履く姿を見かけます

装いが冬らしくなってくると
なんだか わくわくした気持ちになります
イベントが多い季節
ちょっとしたドレスアップにも使える
華やかなネックレスをご紹介

絹糸のコードを メインにした
アクセサリー
8連とボリュームがありますが
絹糸の軽さを活かし
華やかさと軽やかさを
兼ね備えています

つやと肌あたりのよさは絹ならでは
自然な美しさのあるネックレスです

洋服ブラシ

ニットやウール製品には
洋服ブラシでのお手入れをおすすめします

ブラッシングのタイミングは
毛玉ができた 後 ではなく
できる 前
着用後にお手入れをすると
毛玉の予防になります

繊維と毛流れを整えるように
ブラシを寝かせ 上から下へ 
こすらず 払うように

こうすることで
ホコリを落としながら繊維の絡まりを防ぎ
大切な洋服を
長持ちさせることができます

格好よく着こなすだけではなく
末永く着られるよう 大切に扱うことも
本当のおしゃれに通ずる心意気ですね

モッサー

モッサー という素材の
ジャケット と コート
とても 柔らかく 手触りの良い 上質な一着 

この素材’モッサー’
不思議な名前の由来は
苔(moss モス)からのもの

表面の毛羽の状態が
苔ににていることから
この名が付いたそうです

パラスパレス オリジナルのメルトンを
毛羽立たせ この表情 風合いを引き出しています

生地の裏表の色を変えているのもポイント
色の違いによる見え方の変化も楽しめます

ちいさな お月見

今夜は十五夜
お天気に恵まれ
きれいな中秋の名月が観られそう

もともとは上流階級の月見の宴でしたが
豊かな実りの象徴として
満月を鑑賞する
収穫祭となったそうです
お月見泥棒という
日本版ハロウィンイベントも
楽しみの一つですね

アクセサリーに使う石にも
月にまつわるものがあります

その名もずばり ムーンストーン
青や白 ピンク 緑と色幅が広く
反射する光が 月の光にみえることから
この名がついています

掌におさまる ちいさなお月見も
おつなものですね 

Y字ネックレス


心なしか 乾いた風が吹きはじめ
空の色にも変化を感じます

いつのまにか するりと すべり落ちるように
消えていく夏
突然の涼しい夜風に
さあ 秋のはじまりですよと 
ふいに肩をたたかれたような
そんな気持ちになる この頃です

秋のテーマ さかしま に合わせて
後ろ姿に特徴を持った Y字ネックレス
お花のような 開いたモチーフをポイントに
背に垂れるデザイン
ラリエットとしても ご使用いただけます

すっきりと 首元のあきが
きれいな服に合わせると
ひとつひとつのビーズが際立ちます 

むしくい落ち葉

箱根にて 顔みたいな虫食い穴の
落ち葉を拾いました

きょろ

きょろ